全室完全個室のプライベート美容院    Pur hair(ピュールヘア)

グレイヘアーの作り方 ~白髪染めを卒業するまでの過程

森 裕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
森 裕子
美容師歴21年・毛髪診断士

名古屋・栄でPur hairという美容院を10年しています。
母親の薄毛がきっかけで育毛について深く学び始め、美容院ではカットカラーはもちろん、頭皮や抜け毛にお悩みの女性の相談にものっています。
プロによる正しい髪の豆知識をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

白髪染めを卒業して素の髪の毛に戻すグレイヘアー、少し前に近藤サトアナウンサーでも話題になりましたね。

Pur hairのお客様にもグレイヘアーにしたい方がいらっしゃったので経過を写真に撮らせていただきました。

白髪染めを卒業して白髪に戻したいけど不安に感じる方や、どうやって戻していくのか疑問に感じている方の参考にしてもらえたらと思います。



今回掲載のご協力をしていただいたA様。
A様はずっと香草カラーで白髪染めをしていました。
その最初の写真がなくて申し訳ありませんが、香草カラーは明るくする事ができないので暗く染まります。なので最初は黒に近い状態でした。


白髪染めに使われる染料は、白を黒に染める為濃い染料が使われています。その濃い染料をとる作業から始まるのですが、簡単にはとれないので一度ブリーチをして金髪に近い状態にします。

この時も白髪染めを繰り返している髪の毛は黒の染料がしっかり付いているので一回では金髪にならず赤味が出てしまいます。
A様も一回では染料が取れなかったので、ご来店の度にブリーチをして金髪に近づけました。
その状態が下の写真です。



白髪に戻すのが目的なので、根元の新しい白髪の髪の毛にはカラー剤を付けないようにして、既染毛にだけブリーチをします。

白髪染めで黒く染めていると根元の白髪が生えてきた時に白髪と染めている黒い毛の境い目がハッキリし過ぎて逆に白髪が目立ってしまうのですが、金髪にする事で白髪が馴染んで目立ちにくくなるメリットがあります。

 

金髪に抵抗がある方は金髪じゃなくても明るく染めることもできます。

 

初めて白髪染めを卒業してから4ヶ月後
根元の髪の毛が伸びてきて白髪と金髪が1:3くらいになってきました!
この状態を移行期と言います。

この移行期が大切で、ここで諦めてしまうとグレイヘアーに戻す事ができないので我慢時です!!

白髪と過去に染めていた髪とのバランスが悪くて少し辛い時期ですが、ショートヘアーの方が移行期が短く済むので早くグレイヘアーにしたい場合はショートヘアーにする事をお勧めします。

 


移行期から7ヶ月目です。
毛先に少し金髪にしていた明るい髪が残っていますが、ほぼグレイヘアーになりました!!

 

移行期の途中で白髪と金髪の差が出過ぎだったので一度金髪の部分だけアッシュというグレー色に染めています。
その時が下の画像です。
金髪に抵抗がある場合、ブリーチの後にアッシュという色味だけ入れるのもいいですね!
けどすぐ退色して金髪っぽく戻ってきてしまいます。

 

白髪に戻すのは勇気がいるかもしれません。
移行期は見た目があまり良くないので勇気がいるかもしれません。
けど白髪染めを続ける事に不安を感じる方は挑戦してみてはどうでしょう!

 


A様はグレイヘアーになってからもポイントカラーをしたりしてオシャレを楽しんでいますよ^^
グレイヘアーだからこそ綺麗な色の発色が可能になります。

 

ご興味もたれた方はお手伝いいたしますのでお気軽にご相談くださいませ。

グレイヘアーに憧れはあるけどまだ少し後にしたい方は、少しでも安心して染める事ができるカラーもありますので、そちらもご検討ください。


 

この記事を書いている人 - WRITER -
森 裕子
美容師歴21年・毛髪診断士

名古屋・栄でPur hairという美容院を10年しています。
母親の薄毛がきっかけで育毛について深く学び始め、美容院ではカットカラーはもちろん、頭皮や抜け毛にお悩みの女性の相談にものっています。
プロによる正しい髪の豆知識をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© pur-hair , 2020 All Rights Reserved.