全室完全個室のプライベート美容院    Pur hair(ピュールヘア)

ヘアカラーアレルギーでも白髪染めができるノンジアミンカラー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
美容師歴22年・毛髪診断士

名古屋・栄でPur hairという美容院をオープンして12年。
母親の薄毛がきっかけで育毛について深く学び始め、美容院ではカットカラーはもちろん、頭皮や抜け毛にお悩みの女性の相談にものっています。
プロによる正しい髪の知識をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、Pur hair 森ゆうこです☆

今回はノンジアミンカラーのご紹介です。

一般的なカラー剤にはジアミンという染料が入っていて、ジアミンのおかげで綺麗に色が入ってくれますけど、このジアミンが実はカラーアレルギーになりやすい成分なのです…

ジアミン染料は一般的なヘアカラーには無くてはならない染料でして
ジアミン染料のおかげで早く・綺麗に・白髪も濃くしっかり染めることができています。

しかし、ヘアカラーを繰り返していくと体内にジアミンが蓄積していき、花粉症のように人によって容量はそれぞれですが、ご自身の容量が一杯になった時にアレルギーとして反応してしまいます。

前回染めた時は何も異常が無かったとしても、今回いきなりアレルギー症状で出てしまう事があります。
それはその美容院のカラー剤が悪いわけではなく、どなたでも起こりうる事なのです。そのリスクを頭に入れてヘアカラーをしていただくと良いです。

いきなりアレルギーになってしまう方もいれば、予備軍の方もいらっしゃいます。
実は私もカラーアレルギー予備軍です。
敏感肌という事もありますが、15年程前からカラーをするとピリピリ沁みるようになりました。

それでも明るい色にしたかったので染め続けていました。
ある時からカラーした後の数日間、頭が痒くなるようになってしまったのです。
なのでしばらくカラーはしないようにしていましたけど、最近はチラホラ出てきた白髪が気になって、ほんのり明るく染めているのですが、乾燥していても痒くなるので頭皮の保護剤をしっかり塗布して、頭皮につかないように気をつけて染めています。

沁みたり数日間痒みが出るけど、顔や頭皮が腫れたりしていなければジアミンに反応しているわけではなく、一般的なヘアカラーでは必ず使用する過酸化水素(オキシドール)に反応している事が考えられます。

その場合もノンジアミンカラートリートメントが安心です。または、香草カラーやマニキュアでも対応できます。
ちなみに、香草カラーにはジアミンが含まれているので、ジアミンアレルギーの方は絶対使用禁止です!

また、ヘナなら安心と思っている方も多いですが、ヘナでもジアミンを含んだケミカルヘナ・ブラックヘナというのがあります。本来のナチュラルヘナではオレンジ色に染まります。グレーや黒に染まるのはジアミンが含まれたヘナです。
一般的なヘアカラーと比較すると接触皮膚炎は少ないといわれていますが、ヘナアレルギーの方もいますので使用される際はお気をつけください。

そのジアミンが配合されていないカラーのことをノンジアミンカラーと言います。

一度ジアミンアレルギーになってしまうと危険なのでもう二度とジアミンが入っているヘアカラーで染めることができなくなります。

その場合、今まではマニキュアで対応していたのですが、マニキュアは地肌に付いたら取れにくいので地肌に絶対につかないように塗らないといけなく、染まり上がりから0.5センチ程白髪が残ってる状態に仕上がってしまいます。

それが、新しいノンジアミンカラーだったら頭皮に付けて塗布することができるので、マニキュアより根本まで染める事ができて、色も満足してもらえるくらいしっかり染まるということで、お母さんに試してみました!身内はいつも私の実験台です(笑)

結果、やっぱり普通の白髪染めの方が濃くしっかり白髪が染まるけど、問題ない程度に染まりました!!

ビフォアー

アフター

これならジアミンアレルギーのお客様や予備軍の方達にも安心してお勧めができるので嬉しいです。
今まで妥協してマニキュアをしてもらっていたお客様に体験してもらいたいですし、カラーすると痒くなったり、赤くなったりするアレルギー予備軍の方、これからも繰り返し白髪染めをしていく予定の方々に安心してカラーをしてもらえる選択肢が増えて、すごく嬉しいです。

ノンジアミンカラーのデメリットは、色落ちがしやすい事です。

マニキュアも一緒ですが、一度染めた所は1〜2ヶ月は色が残りますが、シャンプーの度に少しづつ色褪せていきます。
濡れている状態だとタオルや白い襟の服に色移りする事があるので特に1週間後までは気をつけてもらいたいです。

新しいノンジアミンカラーノジアで染めてみたい方はお気軽にご相談ください。
自宅でシャンプー後に使用するカラートリートメントの取扱いもしています。

 

何年も染めていて今まで大丈夫だったのに突然頭皮がかぶれることがあります。
ジアミンによるアレルギー感作か、刺激性接触皮膚炎の可能性が高いと思われます。

今までかぶれなかったのは、肌のバリア機能が正常に働いていて原因物質が肌の角層を超えて侵入しなかったのですが、一般的なヘアカラーの材料である過酸化水素とアルカリ剤などの肌の構造を破壊しやすい成分が角質の構造を壊し、原因物質が浸透したことによって炎症が引き起こされたと考えられます。

その後カラーのたびにかぶれが起きたり、接触していない部分がかぶれたりしたら、アレルギー性接触皮膚炎を起こしたことが考えられます。刺激性接触皮膚炎が起きた際に微量の抗原も肌に侵入したことによって感作が成立し、その後わずかな原因物質でもアレルギー症状を起こすようになってしまうことがあります。

当店ではカラーをする前に頭皮のバリア機能を強化する保護液を頭皮全体に塗布してから染めています。

頭皮が乾燥していると刺激を感じやすくなってしまうので、日頃から適切な洗浄力のシャンプーを使用して、頭皮の皮脂を落としすぎないようにし、必要に応じて頭皮の保湿剤を使用する事をお勧めします。

ノンジアミンカラーではありませんが、根元からしっかり染めたいけど過酸化水素やアルカリ剤の刺激が心配な方や頭皮が敏感な方は、過酸化水素を使用していない、酸性カラーの漢方香草カラーもお勧めです。

香草漢方カラー 白髪を染め続ける事に不安な方にお勧めの白髪染めです

美容院での集中ケアも大切ですが、毎日の自宅でのケアもとても大切です。

当店がお勧めしているシャンプーなどのヘアケア剤はこちらをご参照ください。

育毛ハーブエッセンスシャンプー

この記事を書いている人 - WRITER -
美容師歴22年・毛髪診断士

名古屋・栄でPur hairという美容院をオープンして12年。
母親の薄毛がきっかけで育毛について深く学び始め、美容院ではカットカラーはもちろん、頭皮や抜け毛にお悩みの女性の相談にものっています。
プロによる正しい髪の知識をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です