全室完全個室のプライベート美容院    Pur hair(ピュールヘア)

カラーで頭が痒くなりにくい方法

森 裕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
森 裕子
美容師歴21年・毛髪診断士

名古屋・栄でPur hairという美容院を10年しています。
母親の薄毛がきっかけで育毛について深く学び始め、美容院ではカットカラーはもちろん、頭皮や抜け毛にお悩みの女性の相談にものっています。
プロによる正しい髪の豆知識をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。Pur hair 森ゆうこです。

Pur hairでは以前からカラーの前処理・後処理には力を入れていますが、他にもいろんなメーカーがあるので、試しに今回はいつもと違うメーカーの商材を使っての自らの人体実験の為、以前講習会で私の髪を染めてもらいました。

いつもサロンで使っているカラー剤に+ α付け加えることで髪へのトリートメント効果が出るのと、頭皮への負担が軽減されるかどうかの実験です。
私は自分の頭にカラーをすると頭が1週間ほど痒くて仕方がなくなるので、いつもは自分で染めています。
私は美容師なので、自分で染めれば頭皮につかないようにできるし、ムラになっても自分で染めてるから諦めれます。
いつもお客様にしているようにカラーする前の頭皮の保護をしっかりしたり、念入りにシャンプーしたり、カラーした後の処理も万全にできるからです!
他の美容院で染めてもらうと
「頭皮につかないように」
といっても、できるだけギリギリから染めてくれるのでどうしても頭皮についてしまいます。

シャンプーも丁寧にしてくれる美容院もあればそうじゃない美容院もあるので、心配して美容院でやってもらうぐらいなら自分でやったほうがいいと思って、美容院のカラー剤を使って自分で頭皮の保護をしながら染めています。

注意 : 私は美容師なので自分で染めれますけど、素人さんのホームカラーはオススメしていません。真似しないでくださいね!

けど今回は、自らの人体実験で、痒くなるの覚悟でカラーモデルになりました!!
結果、いつもよりは痒さが弱かったけど、やっぱり5日間くらいはムズムズと痒さがありました。
やっぱりカラーして痒くなってしまう方は無理したらいけないと思いました!!

Pur hairでは、カラー前の頭皮の保湿&保護、カラー後の残留物質の除去(高濃度炭酸泉・後処理剤)などで少しでも頭皮への負担が軽減される方法で施術しています。
そしてカラー後の頭皮の保湿も、とても大切です!!

それでも痒くなってしまう場合は接触皮膚炎を起こしているか、カラーアレルギー予備軍の可能性が高いので、本当に無理しないでほしいので、痒さの一番の原因である過酸化水素を使用しないカラー剤をご提案させていただきます。

うちの場合ですと、漢方香草カラー・マニキュア・ノンジアミンカラートリートメントがあります。

それぞれメリット・デメリットがありますので個別でお伝えさせていただきますのでお気軽にご相談ください。
下の記事↓も参考にお読みください。

この記事を書いている人 - WRITER -
森 裕子
美容師歴21年・毛髪診断士

名古屋・栄でPur hairという美容院を10年しています。
母親の薄毛がきっかけで育毛について深く学び始め、美容院ではカットカラーはもちろん、頭皮や抜け毛にお悩みの女性の相談にものっています。
プロによる正しい髪の豆知識をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© pur-hair , 2020 All Rights Reserved.